自動車を持っている方は知っているはずですが自動車税というものの納税義務があります。それで自動車税は査定に出す愛車の売却の際に返還されるのです。やってみたら簡単に覚えられますが、これからはじめから順に紹介したいと思います念のため補足させて頂けば国産のメーカーの車だけに限らずイタリア車でも税金が戻ってくる対象に決まってます。もちろん中古車なども当てはまります。自動車税という税金はクルマを所有している人が払わなければいけないお金ですが、税額はそれぞれの排気量により決定されます。1リッターより低いなら29500円1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。これ以上は500cc毎に5000円増加していきます。自動車税は4月1日時点の保有者が、以後一年分の税金を払うという決まりになっています。つまり前払いになるということですので当然ですがクルマを買取してもらってオーナーでなくなった時はその分の税は還ってくるというわけです。自動車税の場合は事前納付でその年度の金額を支払いますので年度内に車を売却した場合は入れ替わった所有者がこの税を負担するのです。売却先が中古車買い取り専門店であれば引き取り時に所有者が支払いすぎた金額を返還してくれます。つまり所有者でなくなった際からの税金は権利が移った所有権を持った人が支払わなければならないのです。例えばあなたが10月に自動車を売った時は11月以降翌年3月の間までの払ったお金は返金されます。それは、前も述べた通り自動車税という税金は一年分を前払いしているという事実からもわかります。つまり売却者は売却相手に自動車税を返してもらうということです。個人的に自動車を手放す際に結構このようなことに気付かない人が見受けられるので、忘れないようにしてください。自動車税がクルマの売却で還ってくるという事実をあまり知られていない事をいいことに、その事実を悪用する業者もいます。こちらから税金について話を切り出さなければ完全に税金のことについて説明しないということもよく見受けられます。ですのでクルマの買取をする場合は税金が返金されるのかどうかを確認することを怠らないようにする必要があります。