マイカーの買取金額を可能な限り大きくするのには、、車を売却時期、タイミングというものも影響してきます。わざわざ店先へ車を使って見積もりを依頼しなくてもネットで自動車買い取り業者で自動車の売却額査定問い合わせをしたら、たいした時間も必要とせず売却相場の算出をしてくれますが、乗り換えを検討しているマイカーを少しでもお得に売ろうと前提とすれば、注意するべきポイントがある訳です。どんなものがあるかというと第一に、走行距離です。一般的に走行距離イコールその車の消費期限と見られることもありますのでその車の走行距離が長い分だけ見積もりでは減点材料とされます。何kmくらいの走行距離で手放すとよいかというと自動車の査定に影響が出る走行距離は5万キロという説が有力ですからそこを超えるより先に査定をしてもらって売却するのが望ましい考えられます。このことは実際にマイカーを自動車買取専門店に売買する時も重要視されるポイントになります。実際実行するととてもよく分かりますが自動車は定期的に乗ってあげることで状態を維持しますから、年数の割に走行距離が短い車ですと故障を起こしやすいと判断されることもあると思います。一般的には年式が新しければ新しいほど査定では高評価が出やすいのですが、例外的にそのシリーズに特別な価値がある車は新しくない年式の車でも高額で査定されるケースがあります。同様車種で同じ年式であったとしても、ちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがされている場合はもちろんその仕様によって査定額は変わってきます。十分に把握してるという方もたくさんいると思っていますが、経過年数も、査定の重要なポイントなのです。